Team NoBird  
Menu

アクセスカウンタ
001730074

昨日: 0503
今日: 0201

空気銃(競技用や狩猟用のエアライフル、ハンドライフルなど)の所持をされる方は、この教習資格認定手続き(=教習射撃)は不要です。講習終了証明書(の写し)で所持許可申請が可能です。このセクションは読み飛ばして頂いて構いません。また、空気銃の装弾の購入には許可は不要です。

§4.手続き2・・・教習資格認定・・・

4-1.申請手続き

初心者講習に無事合格すると、次は教習資格認定手続きに入ります。これは射撃教習という、いわゆる実技試験の許可を貰う手続きです。このあたりの手続きから必要な書類も増えてきて、なんとなく「銃を持つのは大変なことなんだぁ」と実感させてくれます。

必要な書類や費用は以下の通りです。

必要なもの 備考
教習資格認定申請書 書式が決まっています。銃砲店か警察署で貰えます。
診断書 病院で作ってもらいます。所定の事項が記載されていないと不可です。
戸籍抄本 本人の記載があれば大丈夫(なはず)。
住民票 記載事項に省略の無いもの。
講習終了証明書の写し コピーを提出。原本は提示のみ。
経歴書 過去10年の経歴・勤務先等を記載。裏面に銃の所持歴と犯暦を記載する。これも書式が決まっています。
同居親族書 一緒に住んでいる人を記載する。書式が決まっています。
写真 ライカ版(34mm×24mm)、1〜2枚。
印鑑 認印可、シャチハタはたぶん不可。
申請手数料 7,900円。東京都の場合。

書式が決まっている書類は、銃砲店か警察署で貰えます。最近の銃砲店はインターネットにWebSiteを開設しているところがあります。このようなお店ではWebSiteで書類を提供してくれていたりしますので、それを利用しても良いかと思います。但し、たまに書式や記載事項が変更になりますので要注意。

診断書も所定の事項が記載されていないと不可なので、銃砲店さんなどでサンプルを頂くほうがよいでしょう。

4-2.調査

この教習資格認定手続きをしに行くと、あわせて簡単な調書のようなものを取られます(東京都の場合)。「酒は飲むか?」とか「借金はあるか?」とか「賭け事はするか?」などです。正直に答えましょう。酒を飲む人でも、借金がある人でも、賭け事をする人でも、『どを越さなければ』大丈夫です。借金も住宅ローンなどであれば何千万という金額でしょうが、心配することはありません。賭け事も競馬のG1をやる程度であれば問題無しです。

この調書の他に申請手続き後は、警察による調査が行われます。申請の際に「会社の上司」の連絡先を聞かれたりします。その他に「家族の家にいる時間」を聞かれたり、「近所に聞き込みに入っても大丈夫?」と言われたりします。私の場合は自宅に訪問に来たそうです。
この調査で会社の上司が「彼は日頃から粗野な言動が」とか、家族が「銃を持つなんて聞いていない」「銃を持つのが不安」なんて言ったりすると許可が下りない可能性が大です。特に家族の証言は致命的です。まず間違いなく許可されません。

ということで家族の理解・了解は必ず得ておきましょう。少しでも不安があるようであれば、申請手続きは延期したほうが無難です。講習終了証明書の有効期間は3年間あるので、充分にお話し合いをして、理解を得られるように努力しましょう。

これら調査を含んで、許可が下りるまでに概ね1ヶ月程度掛かるようです。勿論、都道府県や所轄によって全く違ったりします。なかには初心者講習の申請の段階で身辺調査をする地区もあるそうで、こうなるとその後の手続きはスムーズに進むそうです。 だいたいの目安としては、1ヶ月経って何の連絡もない場合には問い合わせをしてみましょう。

4-3.装弾の申請

教習射撃の資格認定が下りたら、忘れずに必要なのが(所轄警察署の係官も指示してくれますが)「装弾の申請」です。射撃教習は実銃で実弾を撃ちます。この際に使用する装弾にも許可が必要なんです。これは所持許可を得てからも変わりません。銃の許可と装弾(火薬等)の許可は別物なんです。

装弾の申請に必要な書類は以下の通りです。

必要なもの 備考
猟銃用火薬類等譲受許可申請書 書式が決まっています。警察署や銃砲店で貰えます。
教習資格認定証 提示のみ
印鑑 認印可、シャチハタはたぶん不可。
申請手数料 2,400円。東京都の場合。

都道府県によって異なるようですが、東京都の場合は即日(その場)で許可が得られます。遅いところは2〜3日必要なようです。射撃教習向けには300発の許可が貰えます(東京都)。

許可が下りると、猟銃用火薬類譲受許可証というものが貰えます。なお、許可が下りた300発以内で射撃教習が終えられなかった場合は、再度、装弾の申請が必要になります。射撃教習には実技試験(考査)があって、実際にクレー射撃を行い、規定数の的中がなければ再試験となります。通常は練習50発(25発×2回)と考査25発の合計75発しか使いません。大抵の方は再試験になりませんが、たまに沢山撃たれる方がいるようです。

プリンタ出力用画面
前のページ
§3.初心者講習
コンテンツのトップ 次のページ
§5.射撃教習