Team NoBird  
Menu

アクセスカウンタ
001706407

昨日: 0230
今日: 0113

§0.はじめに

今このページを見ているあなたは、射撃というものに何らかの興味を持っているということと思います(単に検索エンジンに連れてこられただけかもしれませんが)。散弾銃や空気銃を持つ(所持許可を得る)ことは、認められた目的と幾つかの手続きと試験を経れば日本でも可能です。

ある種の危険な道具を持つことになるので、法的な手続きを経る必要があり、警察署へ出向いたり面倒な書類手続きもあります。しかし、せっかく興味を持たれたのですから、手続きを面倒がらずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

使用上の注意

  • 手続きを説明の中心とします。所持可能な銃の種類などは付録で簡単に説明します。
  • 特に断りのない限り、手続きの手順は警視庁管轄の警察署で2002年に行われたものです。。
  • 手続きの手順は、地域によって異なる場合があります。実際の手続きはお住まいの地域の所轄警察署にお問い合わせ下さい。